トップページ | 2008年4月 »

2008年1月

2008年1月10日 (木)

「自然の摂理」の自然ってどこ

ドイツの動物園、白クマの赤ちゃんを親から隔離

育児放棄された子グマを人工保育することになった、というニュース。ベルリン動物園のクヌートのときにも議論になったらしいのは

>>子グマの育成を自然の摂理に任せ

って点。動物園でなんで「自然の摂理に任せる」という選択肢が出てくるのかよくわからんのですが。動物園で飼う以上は、命を人間が引き受けたってことなんじゃないのか。

「9歳」の昔っていつ

料理にゴボウを使おうと、野菜室から新聞紙で包んだゴボウを取り出したら、なんと不思議! ゴボウだったはずなのに枝に変身しちゃった。

……ごめんなさいゴボウさん。もったいないことをしてしまいました。

-----
西宮神社「開門神事福男選び」、2500人が全力疾走

関西に住んでいて、男性で、足が速かったら走ってみたいな~、と思う反面、人を押しのけて我先にと進むようなことが「福」なのか? と思ったり。

-----
とくしま動物園:世界のネズミ大集合 最大、最小種も /徳島

ねずみ年なので、あっちでもこっちでもねずみイベント。
見に来ていた小学校4年生の男の子(なんて読むんだこの名前?)へのインタビュー。

>>「昔ハムスターを飼っていたけれど、また飼いたくなりました」

9歳の「昔」っていつのことなんだろう?
小学校の頃の一年って長かったからなあ。
今なんて一瞬だ。びっくりしちゃうくらいだ。

-----
青物横丁の老舗居酒屋、チューズデーに焼酎「ねずみ」1杯サービス

>> 同サービスは、今年の干支(えと)「ねずみ」にちなんだ
>>もので、火曜日(チューズデー)に干支と同名の焼酎「ねず
>>み」を提供するもの。
>> 焼酎「ねずみ」は、黒沼良亘店長の母、トリさんが考案し
>>たもので、茨城産の焼酎「七彩」に、梅のエキスを好みで数
>>滴入れる。ネーミングは、焼酎の「ちゅう」からヒントを得た。

なんだ。ねずみっていう焼酎があるのかと思った。

>>ネーミングは、焼酎の「ちゅう」からヒントを得た。

じゃあ焼酎ならなんでもいいんじゃん。

と思っていたら
坂城の「ねずみ大根」を焼酎に、試作品が完成

長野には、ねずみ大根という大根があるんだね。
ねずみ大根(ねずみだいこん)

2008年1月 7日 (月)

東博「子年に長寿を祝う」

1月2日は、国立博物館の入場料が無料だったので行ってきた。
(無料だったのは常設展だけ)

目的は、新春特別展示「子年に長寿を祝う」。
主に江戸期の、ねずみがモチーフになった美術品や工芸品、史料などいろいろ。

鈴木春信の「縁側で遊ぶ娘と子供」。それぞれがねずみと猫を抱いている。ねずみ危機一髪。
「鼠草紙」は、サントリー美術館の「鳥獣戯画がやってきた!」でも展示されていたなあ。人間と結婚したねずみですが、結局ねずみであることがバレてしまうのだった。お姫様にキスしてもらって人間に戻ったりしないのは、必ずしも人間>動物ではなく、イコールに近い関係だからなのかアニミズムな日本。

新春特別展示 子年に長寿を祝う

ところで、いつから博物館ってところは撮影OKになったんだろうか? OKであることが特別なことであって、ふつうはNGではないのか? どっかに「撮影OK」って書いてあったかなあ。写真を撮ってる人が複数いて、びっくりした。

……と思ったら、東博のFAQに「平常展については、個人利用にかぎって写真撮影ができます。ただし、撮影禁止マークのついている作品は、所蔵者の意向により撮影をお断りしています。」って書いてあった。……撮っていいのか! じゃあもういっぺん、行ってこよう。でも私みたいに「撮影するなんてありえない」と思ってる人に注意されそうだなあ。実は私も注意しそうになっていたので(汗)

「子年に長寿を祝う」は1月27日までやってます。

ほかにも、全国各地の博物館でねずみもの展示があるようですね。
全部行きたいよ。

恵方巻きより七草じゃん

今日は七草。
なんか作る時間もないので今年はパス。

とはいいつつ、スーパーの野菜売り場に寄ってみる。
あれ、七草セットがない。売り切れちゃったという時間でもなし。毎年売ってたのになあ。あんまり売れないのかなあ。

関東地方のくせに、太巻き売り場で恵方を教えてくれたりしなくていいからさあ、七草は売ろうよ。と思う。

2008年1月 5日 (土)

偶蹄目の運勢は

blogリセット。

あけましておめでとうございます。
もう5日だけど。

---
ふと気が付いたのですが、私は、「干支」「星座」「動物占い」が
すべて偶蹄目だ。干支がなにかは秘密です。

ということはつまり、寅年で、しし座で、黒ひょうというような、
すべてネコ科の人もいるわけだ。
申年で、おとめ座で、猿という、霊長類なひととか。

偶蹄目のひととネコ科のひとの相性は、どうなんだろうか?
捕食動物と被捕食動物だし。
家畜と野生動物だし。
なんかまったく相性が合わないような気もする。
いや、はっきりと上下関係ができてうまくいくのか。

すべて偶蹄目のひとの、2008年の運勢はどうなんだろうか。
毎年フジテレビでやってる12星座×干支×血液型の占いは
(今年はテレビでやってない。携帯サイトから見られた)
576番中だいたいまんなかへんだった。

-----
今年、初めて見たペットじゃない動物は、ねずみだった。
初詣に行った、とある駅の中で(ホームとか線路のところじゃ
なくて普通の構内)、深夜に。

いつもなら終電も出て暗くなり、ねずみ天国のはずなんだろうな。
なんで明るいうえに人がいっぱいいるんだ、と、悩みながら
階段を降りていった、たぶんクマネズミ。

干支だし、今年はねずみのことをたくさん考える年になりそう
なので、縁起がいい、と思うことにした。

ハリネズミ@ジャスダック

4日、ジャスダックの大発会の様子をテレビのニュースで見た。

干支にちなんでネズミが登場……ってハリネズミじゃん!
ハリネズミはネズミじゃないんだけどなあ、ともやもや。

そして、そのハリネズミのいる水槽の上でなぜ取引開始の鐘を
鳴らすのか。びくっとしてたハリネズミ。ひどいなあ。

なんか今年も景気は良くならないような気がしました。

トップページ | 2008年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック