« 恵方巻きより七草じゃん | トップページ | 「9歳」の昔っていつ »

2008年1月 7日 (月)

東博「子年に長寿を祝う」

1月2日は、国立博物館の入場料が無料だったので行ってきた。
(無料だったのは常設展だけ)

目的は、新春特別展示「子年に長寿を祝う」。
主に江戸期の、ねずみがモチーフになった美術品や工芸品、史料などいろいろ。

鈴木春信の「縁側で遊ぶ娘と子供」。それぞれがねずみと猫を抱いている。ねずみ危機一髪。
「鼠草紙」は、サントリー美術館の「鳥獣戯画がやってきた!」でも展示されていたなあ。人間と結婚したねずみですが、結局ねずみであることがバレてしまうのだった。お姫様にキスしてもらって人間に戻ったりしないのは、必ずしも人間>動物ではなく、イコールに近い関係だからなのかアニミズムな日本。

新春特別展示 子年に長寿を祝う

ところで、いつから博物館ってところは撮影OKになったんだろうか? OKであることが特別なことであって、ふつうはNGではないのか? どっかに「撮影OK」って書いてあったかなあ。写真を撮ってる人が複数いて、びっくりした。

……と思ったら、東博のFAQに「平常展については、個人利用にかぎって写真撮影ができます。ただし、撮影禁止マークのついている作品は、所蔵者の意向により撮影をお断りしています。」って書いてあった。……撮っていいのか! じゃあもういっぺん、行ってこよう。でも私みたいに「撮影するなんてありえない」と思ってる人に注意されそうだなあ。実は私も注意しそうになっていたので(汗)

「子年に長寿を祝う」は1月27日までやってます。

ほかにも、全国各地の博物館でねずみもの展示があるようですね。
全部行きたいよ。

« 恵方巻きより七草じゃん | トップページ | 「9歳」の昔っていつ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71896/17619812

この記事へのトラックバック一覧です: 東博「子年に長寿を祝う」:

« 恵方巻きより七草じゃん | トップページ | 「9歳」の昔っていつ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック