« 2008年1月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

社会性といわれても

スイス版、「生類憐れみの令」
(4/29 swissinfo)

スイスで新しい「動物保護法」が9月1日から発効するそうで。

>>この法律の基本的な目的は、国が動物を飼う個人をコントロール
>>することにあるのではなく、動物を飼うことの大変さを認識して
>>もらうことにあるという。そのため、法律には多くの講義への出
>>席が義務付けられている。

>>9月から新しく犬を飼う人は、2~3回の講義に出席しなければな
>>らない。

これはいいことだよね。
飼ってから「こんなはずじゃあ」ってのはよくあることで。
「こんなはずじゃあ→でもがんばる」ならいいけど、「こんなはずじゃあ→いらない」っていうんじゃあ困るんで、事前に勉強する機会があるのはいいことだと思う。講義のレベルもいろいろあるのだろうか? 

でも

>>ペットとして飼うテンジクネズミやインコなど、社会性のある動
>>物は、単独で飼うことも禁止される。

これは難しい問題だと思うんである。

野生下と違って、動物に仲間を選ぶ権利はないわけじゃないですか。野生下なら、うまくいかなきゃ群れを離れたりできるし、上下関係が定まるまで闘争だってしなきゃならない。でも、家庭内で作られる「社会」は、人によって作られるわけで。そう簡単に「社会性があるから多頭飼育しましょう」なんて言い切ることもできないと思うんだけどなあ。

家族で暮らす動物だからオス&メスで飼う→でも増えるのは困るから避妊去勢手術して飼う……というのも、なんかちょっと違うような。

どうやらスイスは「動物愛護」の「先進国」らしいんだけど、ねー。

2008年4月29日 (火)

どっちにしても

大量のネズミと暮らす女性保護、ネズミの里親募集中
(4/26 CNN)

>>ワシントン州ロチェスター(AP) ワシントン州に住む1人暮
>>らしの女性宅でネズミが大量繁殖し、ヘビやネコとともに保護さ
>>れた。現在、愛護団体が里親を探している。

動物管理局が保護したのは猫1匹、ヘビ4匹、マウス5匹、大型ネズミ(ラットのこと?)2匹。ネズミ愛好者団体ラッツパックNW("The RatsPacNW"で検索するとヒットします)が保護したのが29匹のネズミ。

保護されたのはこれだだけなんだけど、その前にネズミは「当局が仕掛けた毒で100匹以上が死んだ」らしい。そもそもネズミはヘビのエサとして買ったものらしいのに、保護されたヘビは栄養失調。

ネズミがいるのに栄養失調のヘビ。ネズミ好きとしちゃあ、食べられなくてよかったね、ではあるんだけど、なんだかなあ。
人間によって毒殺されるか、ヘビに食べられるか、命がつながるという意味ではヘビの食事になったほうがいいんじゃなかろうか。

>>ラッツパックNWによると、ネズミを熱烈に愛する人は全米に多
>>数いるという。

日本にだっているもんねー。
まあ、ペットとしての地位(?)は負けてると思うけど。
農耕民族にとって、ネズミは敵だからな。

2008年4月26日 (土)

電車の中にて

その1:よだれ

猫がよだれを出すのは口内炎(の、ときもある)
うさぎがよだれを出すのは不正咬合(の、ときもある)
人間がよだれを出すのは、なんだろう。

最近立て続けに2回、飲んだ帰りに電車の中で寝ながらよだれを垂らしてしまった。
それも、ベージュのコートに垂らしたもんだから、よだれが自己主張してるし。飴ちゃん舐めながら寝てたせいかなあ。でも前はそんなことなかったのに。大人なのに。
よほど疲れているのか? 自覚症状はないんだけど。

垂れてる瞬間を見てしまった人がいたとしたら、不快なものをお目に掛けまして失礼しました。

その2:おたがいさまという心

金曜に広尾の都立中央図書館に行った帰り、日比谷線でのこと。

3人掛けの席。お母さんと男の子ふたりが座っている。お母さんの前にはベビーカー。その中には、バッグ。2歳くらいと5歳くらいの男の子が、お母さんの隣りに座っている。それぞれ自分のリュックを隣りに置いて、中からおもちゃとか出して遊んでいる。3人掛けの席、いっぱい。ほほえましい光景……といいたいところなんだけど、平日5時過ぎ。立っている人たちも多くなってきた。なんで席を詰めようとか、上の子を立たせようとかしないのか?

小さい子をふたり連れて出かけるのが大変なんだろうなあということは想像できる、できるんだけどさあ、当然みたいな顔して平然としているのっていうのもどうなんだろうかと、反対側の席で眺めながら考えてしまった。

混んできたら席を詰めるなりなんなりする思いやり、子連れで大変そうな人がいたら席をゆずる思いやり、どちらもが思いやりの気持ちを持っていればみんなが気持ちいいのになあ。

それにしても広尾は外国人とお金持ちそうな日本人が多いところである。

通りかかったオープンカフェで会話をしていたふたりの外人さん。共通言語が日本語だったのかもしれないけど、外人さん同士が日本語で会話をしていた。ちょっと不思議な光景でした。

「いじめっ子」にしたのは誰だ

外来魚は駆除対象なのに…仲良し絵本に疑問の声 県教委修正へ
(4/22 毎日新聞)

滋賀県教育委員会が作った絵本の話。

>>琵琶湖の固有種「ビワコオオナマズ」をモチーフにしたキャッフ
>>ィーの他、外来魚のブラックバスとブルーギルが、いじめっ子役
>>として登場。ボールに見立てたタニシをヒレでたたいて飛ばす遊
>>びを通して、最後は「みんな笑顔で歌いおどって」終わる結末だ。

なにが問題になっているのかといえば、外来魚であるブラックバスやブルーギルと仲良しになるというところ。

でもそれより問題なのって、ブラックバスとブルーギルが「いじめっ子」役として登場することなんじゃないのか、と思ったりする。好きでいじめっ子してるんじゃーなわけで。正しく(?)描くとすれば、ブラックバスやブルーギルを悪者にする場合は人間がベルクカッツェとかデスラーとかゴアだよなあ。

2008年4月23日 (水)

やれやれ

ふう。

1月はじめ以来、やっとなんとなく落ち着ける感じ。

この3ヶ月半にあったこと。

鼻水をかむたびに鼻血が出た時期があったこと。

週に1度しか布団で寝られない日々が続いたのに、そのことについて特に苦にならなくなっていること。むしろ、布団を片付けたり敷いたり、パジャマを着替えたりする手間が省けていいような気がしてきたこと。

桜が咲いた頃、満開も近い桜を見て「なんでもう桜が咲いてるんだろう」と思ったこと。体が感じている季節がまだ2月くらいなのに本当の季節が4月なので、すごく不思議な感じがしたこと。

お風呂に入る時間がもったいなくて数日に1度しかお風呂に入らず、夜中にお菓子をぼりぼり食べてたらどんどん太ったこと。

これ以上太ったらまずいところまで行ってしまったのでダイエットを始めたこと。2ヶ月で7キロ体重を落とせたこと。目標はあと7キロダウンなんだけど、それを達成したところで別にやせているわけでもなく、普通だということ。

ねぢゅたんがうちにやってきたこと。でへへ。

ぼちぼち復活していきます。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック