« 電車の中にて | トップページ | 社会性といわれても »

2008年4月29日 (火)

どっちにしても

大量のネズミと暮らす女性保護、ネズミの里親募集中
(4/26 CNN)

>>ワシントン州ロチェスター(AP) ワシントン州に住む1人暮
>>らしの女性宅でネズミが大量繁殖し、ヘビやネコとともに保護さ
>>れた。現在、愛護団体が里親を探している。

動物管理局が保護したのは猫1匹、ヘビ4匹、マウス5匹、大型ネズミ(ラットのこと?)2匹。ネズミ愛好者団体ラッツパックNW("The RatsPacNW"で検索するとヒットします)が保護したのが29匹のネズミ。

保護されたのはこれだだけなんだけど、その前にネズミは「当局が仕掛けた毒で100匹以上が死んだ」らしい。そもそもネズミはヘビのエサとして買ったものらしいのに、保護されたヘビは栄養失調。

ネズミがいるのに栄養失調のヘビ。ネズミ好きとしちゃあ、食べられなくてよかったね、ではあるんだけど、なんだかなあ。
人間によって毒殺されるか、ヘビに食べられるか、命がつながるという意味ではヘビの食事になったほうがいいんじゃなかろうか。

>>ラッツパックNWによると、ネズミを熱烈に愛する人は全米に多
>>数いるという。

日本にだっているもんねー。
まあ、ペットとしての地位(?)は負けてると思うけど。
農耕民族にとって、ネズミは敵だからな。

« 電車の中にて | トップページ | 社会性といわれても »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71896/41029697

この記事へのトラックバック一覧です: どっちにしても:

« 電車の中にて | トップページ | 社会性といわれても »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック