« パンダに思ふ | トップページ | しょせん乗り物 »

2008年5月17日 (土)

2割が逃げたり逃がしたり

先日、野生動物保全論研究会が主催するワイルドライフカレッジ「ペットと野生動物はどう違う?」を聴講してきました。遠いぜ東京農大(世田谷)。

内容は、野生動物がペット(家畜)になると形態や行動、生理が変異するということ、野生動物に餌付けをするとどうなるかということ、ペットと野生動物とはどんな関係にあるのかということなど。講演内容をつらつらと書くわけにもいかないので、内容に連鎖して思ったことなど。

野生動物が家畜化すると、まあいろんなことが変わっていくんですが、警戒心や気の荒さがなくなるというのものそのひとつ。シマリスやプレーリードッグみたいに、噛みリス、噛みプレになるような動物をペットにするのは、ほんとをいえばいいのかなあ、と思ったり。ずーっと飼育下繁殖してたら、いつかは家畜化するのか。噛みリスは昔話になるのか。そもそも年に一度しか繁殖しない動物にそうそう変異のチャンスがあるわけでもなく。冬眠特異性タンパク質の変化(=冬眠しているリスのほうが長生き)と噛みリスの時期に関連があるなら、噛みリスにならない=冬眠特異性タンパク質がない=長生きしない、なのか。べた慣れリスを手に入れるかわりに長寿を手放すことになるのか。

---
餌付けをしている場所のほうが、鳥の逃走距離(つまりどのくらいまで近寄れるか)が短い。

リス園には、エサをあげられるところとそうでないところがあります。
前者はたとえば町田リス園。あそこのタイワンリスたちにとっては「人=おいしいものくれる」なので、人の体にもがしがし登ってきます。
後者のリス園では、リスが人に寄ってくることはありません。だって体の大きな生き物はこわいですから。ところがなぜか、エサをあげてはいけないリス園でも人に寄ってきたりするリスがいたりします。リスたちは、人はこわくないと学習したのか。リスたちにとって「人が怖い」より「人はおいしいものくれる」が上回ってしまったにほかなりません。エサやり禁止のはずなのにね~。おかしいね~。

人に近付くようになれば、家の中で起こるような事故も起こり得ます。蹴る、踏む。もちろん故意ではなく。

---
なによりも衝撃的だったのは、あるところでのアンケート調査によると、動物を飼っている人のうち約1割が逃げ、約1割が逃がしているということでした。ああ、最後まで飼いましょうと書くことがむなしくなってくる……。

« パンダに思ふ | トップページ | しょせん乗り物 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71896/41233023

この記事へのトラックバック一覧です: 2割が逃げたり逃がしたり:

« パンダに思ふ | トップページ | しょせん乗り物 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック