« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月26日 (土)

9月15-26日

せっかく毎日更新してたのに途絶えてしまった。
毎日更新してる人ってほんとにえらいなあ。

---
仕事。
うさぎそして法律、今はりす。

---
うさぎ雑誌というと創刊順に「うさぎと暮らす」「うさぎがピョン」「うさぎの時間」(休刊になったのも混じってるが)。

どうしてうさぎ雑誌はみんな格助詞が使用されているんだろう?
「月刊うさ」とかあったらかわいくないですか? 月刊ペースでうさぎ雑誌なんて作るのとんでもなくおそろしく大変だと思いますが。

---
仕事をしていたら「ロータリークラブ」という言葉が出てきた。よく耳にするけどどういうものなのかわからない、そしてライオンズクラブとはなにが違うんだろうと思い、wikipediaで調べてみた。

ライオンズクラブの説明を読み、びっくりした。
「奉仕終了後には参加したボランティア全員で円陣を組み、ライオンの咆哮を(「ウォー! ウォーッ!」という感じで)真似る儀式がある」んだそうである。そして「会員の名前を呼ぶときは名字の後にライオンをつけて呼び合う。自分を指す場合には名字の前にライオンをつけて言う」んだそうである。「大西ライオン」は大西さんを呼ぶときの呼び方であり、本人は自分のことを「ライオン大西です」というわけだ。

世の中には、知らないことがたくさんあるなあ。

---
もう何節も、バルサの試合をライブで見ていない。見ていないというか、やってくれないんだもん。思ったとおりだ。エスパニョールが優先。ほんと頭にくる。バルサの試合を優先してくれませんかね、wowowさん。

---
ひさびさに、八丁堀の「MARU 2F」に行く。
うまかった~! ワインも食べ物も。
イベリコ豚のセクレト炭火焼が特にうまかったっす。

---
mixiの新機能「mixiボイス」というやつが始まっていた。
あれは、なぜ非表示という選択肢がないんでしょうか。

---
CS時代劇チャンネルでやっている「新選組血風録」。ある日、桂小五郎が登場した。幾松としっぽりな桂小五郎の羽織の家紋が、なぜか毛利家の家紋。なぜだ……。

---
日本テレビ「スッキリ!」で、ハリウッドスターネタを紹介するコーナーをやっていた。特に関心もなく眺めていると、ブラッド・ピットが自宅にネズミ小屋を作った、と。な、なんですって? トンネル、迷路、シーソーなどがあるんだと。「アジリティ?ラット飼ってるのかな」と思いつつ見ていると、そのネズミとは「リスっぽいネズミ」だと。「スナネズミ?」と「動物のお医者さん」の二階堂を思い浮かべつつ思う。

真相を知るために、ともかく検索してみた(Brad Pitt tunnel maze seesawで)。

ビンゴ! 以下のサイトに行き当たりました。
"Brad Pitt builds £50,000 gerbil hutch"

子供たちのために作った700万円以上のスナネズミハウスか……。
写真、見てみたい。

---
江戸東京博物館で27日まで「江戸東京ねこづくし展」。
見てきた。
内容はこちらを参照

江戸時代の猫はたいがい白黒ぶちで、赤い首輪をしている。
現在って、これだけ「猫は室内飼育を!」という状況でありつつも、なんとなく「猫は外にいるもの」というイメージがあったりする。犬は室内ね。
しかし江戸時代ってむしろ猫は室内にいて、犬のほうがそのへんをふらふらしているというイメージだったりする。あ、狆は室内犬ですけどね。
犬と猫のイメージ、どこで逆になったんでしょう。

2009年9月14日 (月)

9月14日

仕事。
うさぎあれこれ。

---
この週末はうちの高校の記念祭(文化祭)だった。行ってないけど。
最後の記念祭だ。今の2年生が卒業すると、うちの高校はなくなってしまう。

中高一貫校になってしまうのだ。「なってしまう」じゃなくてもうなっている。今は高校と、中高一貫校が並列しているという状況(高校野球の今年の夏の予選には、ふたつの学校ともに出ていた)。

新しい学校の名前は「桜修館」。なんか、とってつけたような、少女マンガに出てくるような名前だな。

まあ、「都立大附属高校」という名前でありながら「都立大学」がすでに存在していない、という、そもそも妙な感じだったんだけど。

そういや東急東横線は「学芸大学」駅に学芸大学はなく、「都立大学」駅に都立大学はないんだよね。へんなの。

ちなみにうちの中学ももうない。となりの中学と合併してしまった。東戸山中+大久保中=新宿中。これもまた、とってつけたような名前ですね。

小学校と大学は、なくなる心配はなさそうだ。

---
今日からCSの時代劇チャンネルで「新選組血風録」(1965-66年)が始まった。放送は朝晩7時。よおしこれを見るためにちゃんと7時に起きるぞ! と思う。
(一応目覚ましは毎朝7時に鳴っているのですが、2度寝が日課)
(しばらく前にやったときに全部見たし録画もしてあるんだけど)

しかし、目を覚ましたときには、人のいい近藤さんがニセ虎徹を買わんとしているところだった。たいていの新選組モノでは近藤勇はものすごく立派だ(鶴田浩二、三船敏郎、平幹二朗……あっ、香取慎吾)。でも、この「新選組血風録」の近藤さん(舟橋元)はあんまりそんな感じじゃない。そこがいいんだよなあ、と、立派な近藤さんを見るたびに思うのでした。

フィルムでモノクロ。やっぱ時代劇はこうでなくっちゃだ。

「新選組血風録」が終わると10月後半からは「燃えよ剣」(1970年)なのだ。

---
「らでぃしゅぼーや」配達の日。

高山きゅうりが来た。ぶっといきゅうり。
夏の間に一度もこなかった枝豆が今頃来た(隔週で配達なので、タイミングが悪いだけかもしれないけど)。

キャベツが来てほしかったけど来なかった。

果物は、梨に柿にぶどう。秋だなあ。

2009年9月13日 (日)

わたしはりすのうしろをあるく

今日は、私が最初に飼ったシマリス、りすこの命日だ。1998年9月13日から、もう11年も経った。でもなんだかついこないだみたいな気がしている、いまだに。今日と同じで日曜日で、今日よりもっと暑くて、テレビでは競馬中継をやっていた。

彼女の具合が悪くなった頃に、「リスクラブ」(誠文堂新光社)というリスの飼育書の仕事の依頼が来て、彼女が亡くなる頃に仕事が終わった。「まるで、私にリスの本を書かせるために私のところにやってきたみたいだな」と半分冗談で思っていた。

先日、『永遠の贈り物』(中央アート出版)という本を読んだ。アニマルコミュニケーターのローレン先生が(うちのうさぎの名付け親だったりする!)、亡くなった動物たちとの会話を綴った本。まあ、アニマルコミュニケーションは、やはり世の中ではうさんくさいジャンルなんだと思うけど、私は、うちのうさぎは幸せだって言ってるよ、と言ってもらったので完全に信じている(そのわりに彼は私に時々いじわるだ)。それはともかく。

その本によると、動物たちはなにかのミッションをもってこの世界にいるんだという。それを読んで、「ああ、私が思っていたことは間違いじゃないのかもなあ」と思った。つまり、彼女は私にリスの本を出させるという使命を持っていたんだなあ、と、そういうこと。

ありがたいことに、「リスクラブ」をはじめとして、「りすのひとりごと」「わが家の動物・完全マニュアル リス」「ペット・ガイド・シリーズ リス」「小動物ビギナーズガイド リス」とリスの本を出させてもらい、今また新しいものに着手しつつある。

「アンタは死んでからなおミッションを遂行し続けてるわけね」と、命日の今日、思っている。たかだか100g程度の体重しかないようなちっこいやつのくせに、うちにやってきてからあとの私の人生を、ものすごい勢いで左右しているやつ。わかったよ、私はアンタの歩く後ろを歩いていくよ、と思う。

永遠の贈り物

9月13日

仕事。
うさぎ、そしてりす。

---
今日はいいお天気でした。
さすがにまだ夏っぽい。

---
バルサの試合を録画しといたのに失敗していた。
うちのwowowはアンテナから来てる線がテレビに刺さっているところの接触が悪くて、テレビのご機嫌を取らないと映らなかったりするんである。昭和かよ!(当然、地デジではない)

---
ダーウィン映画、米で上映見送り=根強い進化論への批判
(9/13 時事ドットコム)

>>進化論を確立した英博物学者チャールズ・ダーウィンを描いた映
>>画「クリエーション」が、米国での上映を見送られる公算となっ
>>た。複数の配給会社が、進化論への批判の強さを理由に配給を拒
>>否したため。

今は21世紀で、とっくの昔にアメリカは月に有人ロケットを飛ばしていて、宇宙ステーションに住んでる人がいて、京大では万能細胞が研究されているというのに?

エキゾチックペットの飼育では、アメリカは先輩で、もちろんその飼育方法が動物にとって本当に適切なのかどうかはこっちで判断しなきゃいけないんだけど、ともかく教わることは多い国ではあるんだけど……彼らにとっては、「人間」と「動物」は明らかに違う存在なんだなあ。ものすごく不思議。

2009年9月12日 (土)

9月11日&12日

9月11日
仕事。
うさぎと野菜とかいろいろ。

---
9月11日は結婚記念日……だった日。いまや911といえばあのおそろしいテロの日として上書きされてしまいましたが。そもそもろくでもない日だったということなのだろうか。いやいや、Wikipediaで9月11日の項を見ると……あれ、あまりいいことのなかった日だなあ。ちなみに公衆電話の日なんだそうで。

9月11日
http://ja.wikipedia.org/wiki/9%E6%9C%8811%E6%97%A5

---
知人と一緒に新宿を歩いていたら、向こうからおしゃべりしながらやってきた若い女性グループの一人がおもいっきり知人にぶつかりながら通り過ぎていった。

「女はみんな周りの状況を見ないで動く」と彼は言う。
たまたまそういう人と遭遇する機会があったからって、女性がみんなそうだとか思わないでくれよう、と私は思う。若い男の子たちだって、よく道幅いっぱいになって歩いてるじゃないか。性差じゃなくて個体差ではないんだろうか。

でもやっぱ、性差ってあるんだろうかと、この動画を見ながら思ったりもするのであった。こわいよこんなのがそのへん走ってるのかと思うと。まあ日本ではないが。
http://www.youtube.com/watch?v=4wT7zM8XgXQ

---
用があって新宿伊勢丹のデパ地下をふらふら。
スーパーマーケットみたいなコーナーがあるわけなんですが、こんなところで普通の野菜とか買う人たちってのは、どんだけお金持ちなんだろうか、といつも思う。

うちは小さい頃は、デパートといえば新宿伊勢丹だったんですが(うちから一番近いデパートだからだと思う)、あの頃は「伊勢丹=庶民的」「三越=お金持ち」だったはずなのに、いつの間にか伊勢丹はすっかり高級志向になってしまったのでした。

---
9月12日
仕事。
うさぎとか。

仕事の資料が別々の会社から届く。
はーい、がんばります。

---
天気悪い。乗らない。

---
福島みずほが環境大臣になるんだろうか。
夫は元グリーンピースの理事長らしいじゃないか。
なんかなあ。

8月30日以来、日本はどうなっちゃうんだろうなあ……と不安を感じる今日この頃だったりする。拉致問題は金で解決するんじゃないのかなとかさ。なにしろ、日本列島は日本人だけのものじゃない、とか言っちゃう人が総理大臣になるわけで。

2009年9月10日 (木)

9月10日

仕事。
うさぎの向こう側のこと。

---
ワールドカップ予選、スペインvsエストニア。
これで勝ったら出場決定なので最後まで見ようと思ったら、前半で寝る。目が覚めたらユニフォーム交換してた。ま、勝ったからいいか。ワールドカップでも優勝してほしいなあ。

一方トルコはボスニア・ヘルツェゴビナと引き分け、やばい状態に。このままではプレーオフにも回れないじゃないか。

---
ああどうしよう! ものすごい悩みが。

11月に「行こう!」と思っていたセミナーと「受けよう!」と思っていた検定が同じ日だということに気が付いた。後者は江戸文化歴史検定だ。受ける予定なのは1級なので、絶対に受からないんだけど。でも何点くらい取れるのか試してみたいんだよなあ。前者はエキゾチックペット関連。非常に興味深いテーマなので、先生方向けのものなんだけど聞きたいんだよなあ。

どうしよう。もうちょっと考えよう……。

2009年9月 9日 (水)

9月9日

仕事。
うさぎ三昧である。

---
今日はご飯を炊く。
うちは玄米だ。雑誌やらなにやらで玄米の炊き方、なんていうのを見ると、いろいろめんどうくさそうで、炊飯器に玄米用のスイッチがあったりするのもあるらしい。

どうしよう、私はものすごく普通に炊いている。炊飯器も普通のだし。でもおいしいけどなー。

雑穀も入れます。
雑穀エキスパートとしては「オリジナルブレンド」を作りたく、当初はちゃんと軽量しながら入れていたのですが、そのうちめんどくさくなって適当にやっている。今日、入れたのは、小豆・たかきび・ひえ・もちあわ・押し麦。そばの実がなくなっちゃったんだよなあ、買わないとなあ。国産がいいんだけどな。

---
スカパーで、三船敏郎が近藤勇を演じた映画『新選組』をやっていた。衝撃のラストシーンなんだよね、これ。映画館の大スクリーンでは見たくないっす。

---
お昼はカレーの続き。
ほっぺの内側をおもいっきりかじってしまう。痛い。

---
サッカー。
日本vsガーナ。

2連敗で帰ってくるのかい、と思ったけど勝ててよかった。
今日もFKがあったら誰が蹴るんだ、中村俊輔は本田に譲るのかはてさて、と思っていたら中村俊輔outで本田inだった。なんだつまんない。本田は、でかい口たたくだけじゃなく、ちゃんと結果を出してるからえらい。(今日はだめっぽかったが)

2009年9月 8日 (火)

9月8日

仕事。
昨日の続き。調べれば調べるほどわけがわからなくなってきて時間がかかる。ああ硝酸塩。

---
お昼はカレー。
無印のインド風チキンカレー。鶏肉と、ナスとピーマン入れた。
レシピではトマトを使うんだが、トマト高いのでホールトマト缶。

私はホールトマトを「ぐちゃ」とつぶすのが大好きだ。
気をつけないとそのへんトマトの汁が飛び散って、殺人現場になるのですが。

当然のように鷹の爪増量で、辛いカレー。
ああおいしかった。

---
日が短くなってきましたね。
あっという間にもう秋なんだなあ。

2009年9月 7日 (月)

9月6日&9月7日

9月6日
仕事。
うさぎ的な仕事、うさぎ関係のモノ作り。

---
体重増えた。なんでだろう。
昨日の夕ご飯は冷奴だけだったのに。
デザートで抹茶アイスにあんこをどっさりトッピングしたのを食べたのがいけなかったんだろうか。

9月7日
仕事。
うさぎ的なこと。野菜とか。

---
昨日より体重が0.1kg減っていた。誤差の範囲じゃん。

---
仕事しながら、ああ勉強しなくちゃなあ、と思う。
なまはんかな知識ばっかりじゃーん、と情けなくなってきたりするのである。「でも忙しくて時間がない」とか言い訳しちゃいけないのである。でも言い訳しちゃう。時間がないんだもん~。

---
某単行本、増刷との連絡。
みなさまありがとうございます。

実は、同じ種類の動物を扱った別の単行本も改訂版を出すと連絡があった。

ブームが来るのかっ! ……いや、ブームは来なくていいです。

2009年9月 5日 (土)

9月5日

大安吉日で満月なので更新。

---
仕事。
うさぎ的なもの。明日のうさぎ的な撮影の準備。

---
お昼につるむらさきを炒め物にして食べる。生涯初つるむらさきであった。
アクの強い野菜だなこれ。
切ってるときからアクのにおいがぷんぷん。
あんのじょう、シュウ酸が多いらしい。

ウサギのご飯には使えないな。

---
スーパーにて。
肉や魚、アイスなんかを買った人たちのために無料で用意してある氷がある。まあ普通は、ポリ袋に詰める程度。今日すごい夫婦(かどうかはわからないが)を見た。レジ袋のでかいやつにざっくざっくと詰め込んでいる。うわあ……。
魚とかをたくさん買って、遠くまで持って帰るっていうんなら、声をかければドライアイスが無料でもらえるのに。それをもらわないつーことはつまり、本来の目的ではないタダの氷がいっぱいほしいわけだ。

作ってある氷を全部持っていきそうな勢い。タダだからいくら持ってってもいいと思ってんのかな。なんというさもしい根性。

つーか、氷もタダで作れるわけではない。よくポリ袋をものすごい勢いで持って帰るおばちゃんもいるけどさ、結局お金かかってんだけどね。

客だからなにしてもいい、みたいな人って多くないですか、最近。
なんかなー。

---
サッカー。
オランダvs日本
テレビはつけてたけど、見てないや。録画をあとで見ます。
本田はスタメンで見たかった。
元バルサのファンブロンクホルストさんがスタメンで嬉しかった。

……まあ0-5じゃなかっただけいいか。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック