« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

いろいろあるなあ動物協会

先日、名称をど忘れしてしまったペット関係の協会を検索しようと「ペット 協会」でぐぐってびっくり! なんとたくさんの「ペットなんとか協会」があることか。そこでなんとなく、ペットに限らず動物関係の団体をまとめてみた(学会もやや混じり)。

【注】
・掲載の目的はあくまでも「いろいろあるなあ」であり、必ずしも優良団体だけを載せているとか、よくない団体は載せていないとかそういうことはありません。
・「ペット」「動物」「協会」等のキーワードで見つかったペットや動物関連の団体を羅列しただけであり、すべての団体について関知しているわけではありません(※)。
・ぜひ知って欲しいと思って載せた団体もあります。
・当然のことですが、ここに載せたものがすべてではありません。
・カテゴリ分けは便宜上、私が行ったもので、「うちはこんな関連ではない!」というのがあったらごめんなさい。
・2010年1月29日現在

※自分が関知している(その協会が認定している資格を持っている)のは、日本愛玩動物協会(愛玩動物飼養管理士)、ペットフード協会(がペットフード工業会だった頃にペット栄養管理士。ただし今は関連性がないことになっているもよう)、日本ホリスティック獣医師協会(ホリスティックケアカウンセラー。ただし私が取得したときは違った)。エキゾチックペット研究会の先生方には日頃からお世話になっております。

○動物愛護関連
日本愛玩動物協会
日本動物愛護協会
日本動物保護管理協会
日本動物福祉協会

○獣医療関連
日本獣医師会
日本小動物獣医師会
日本獣医学会
日本動物病院福祉協会
野生動物救護獣医師協会
日本動物遺伝病ネットワーク
エキゾチックペット研究会
人と動物の共通感染症研究会
日本動物用医薬品協会

○学校飼育動物関連
全国学校飼育動物獣医師連絡協議会

○動物園関連
日本動物園水族館協会

○実験動物関連
日本実験動物協会
・日本実験動物技術者協会

○介助犬関連
日本盲導犬協会
アイメイト協会
日本介助犬協会
日本介助犬アカデミー
聴導犬育成の会
日本身体障害者補助犬学会

○ペット販売業関連
全国ペット協会
日本ペット技能検定協会
日本ペットショップ協会
日本小鳥・小動物協会

○フード関連
ペットフード協会
国産ペット自然食協会
ペット食育協会
アメリカペットフード協会

○ホリスティック関連
日本ホリスティック獣医師協会
日本ペットアロマテラピー協会
日本ペットマッサージ協会
動物自然療法協会
ジアスペットアロマセラピスト協会
ペット癒・食・住ライフ協会
日本アニマルウェルネス協会
アニマルサウンドヒーリング協会
日本アニマルアロマセラピー協会

○法律関連
ペット法学会
動物法務協議会

○トリマー関連
メディカルトリマー協会

○ペットモデル関連
日本ペットモデル協会

○ペットシッター関連
日本ペットシッター協会
全国ペットシッター協会

○カウンセラー、アドバイザー育成関連
日本ペットカウンセラー協会
日本動物医療コンシェルジュ協会
ペット飼育管理指導士協会

○ペット供養関連
日本愛護動物推進協会
日本ペット訪問火葬協会
全国ペット葬祭業協会

○ペットと旅行関連
日本ペット宿協会

○ペットロス関連
日本ペットロス協会

○ペット保険関連
日本補助犬育成普及協会

○ブリーダー関連
日本ペット直販協会

○ボランティア関連
日本ドッグボランティア協会
都市動物協会

○畜犬団体
ジャパンケネルクラブ
日本社会福祉愛犬協会
日本犬保存協会

○里親里子関連
日本ペット里親協会
日本ヒューマン&ペット協会

○トレーナー関連
日本ペットドッグトレーナーズ協会

○ペットビジネス関連
日本ペットビジネススクール協会

○動物保護関連
日本ドッグホーム協会

○救助救命処置関連
ペットハートセーバー協会

○ドッグラン関連
日本ドッグパーク普及協会

○アニマルセラピー関連
アニマルセラピー協会

○アニマルコミュニケーション関連
日本アニマルコミュニケーション協会

2010年1月24日 (日)

1月24日

今日は何の日だろうと思い、ぐぐってみたら、ジュディ・オングさんのお誕生日だった。昨年、あるところで、すぐそばで(というか隣で)ご尊顔を拝見したのだが(というか会話をした)、とてもおきれいだったのでびっくり。もう還暦、というお年とは思えなかったよ。お誕生日おめでとうございました。

そのジュディさんが帯にコメントを載せている本。こうした本には珍しく、犬と猫だけではなくウサギも登場します。(amazonにて)
永遠の贈り物―アニマル・コミュニケーションで伝える動物からの魂のメッセージ 旅立ってしまった動物に訊きたい5つのこと

---
お昼は、豚バラと里芋&ごぼうの煮物。おいしゅうございました。

---
図書館に本を返し&借りに。

まあ、あまりこういうことを言うのもどうかとも思いつつなんだが、図書館がくさくてつらい。うーん、つまり、あまりお風呂に入ってない方々、どこで寝てるんだろうというような方々がよくいらしているんである。そしてたぶん、ずーっと長い時間を館内で過ごしている。なにしろ、図書館から本を借りてくると、家の中までくさいんだよ! いわゆる「鼻についてる」ばかりじゃなく、本がにおいを吸着しているんじゃないかと思う。

今日は、1階から2階の入り口にかけてはいつのもにおいがせず、あまつさえほのかに消毒薬のにおいがしたので安心したんだが、2階に入るとやはり……。一時的に訪れるだけでもつらいものがあるのだから、司書の方たちはたいへんだなあと思う。

たしか一応入り口には、泥酔、不衛生な方お断り、なんて書いてはあったと思うが、別に入り口にいる警備員が止めるわけでもない。へたなことをすると人権屋さんが出てくることになるんだろう。館内で図書を閲覧するのは誰にでも認められていることだから。であれば、なにか客観的なもので区別(差別ではないよ!)することはできないのかな。においセンサーを置くとかさ。

え? いやなら図書館で借りないで買えばいいって? おっしゃるとーり。

---
借りてきたのはこんな本たち。
「ペットのトラブル法律相談所」(立花正人、啓林書房)
「日本の動物法」(青木人志、東大出版会)
このへんは仕事の参考に。とはいえ「日本の動物法」は読んでみたかった本。まだ1ページも読んでいないけど、日本での人と動物とのあいまいな関係って、法律と相性よくないのかもなあ。そもそもは法律で「虐待をしてはいけない!」なんて決めなくたって、そんな悪いことしたらお天道様に顔向けができないはずだったのに。

「風雪のビヴァーク」(松濤明、山と渓谷社)
「明治大正昭和不良少女伝 莫連女と少女ギャング団」(平山亜佐子、河出書房新社)
「風雪のビヴァーク」は、社会派くんがゆく!http://www.shakaihakun.com/で知る。「明治大正昭和不良少女伝 莫連女と少女ギャング団」は、Twitterで知る。ウェブと書籍は「vs」で語られることも多いように思うけど、こうして新たな本と出会わせてくれたりするから嬉しいね。

「森に眠る魚」(角田光代、双葉社)
角田光代は読んだことがなかったのですが去年からいろいろ読んでいるところ。とりあえず図書館にある角田光代を全部読む。小説に関してはこういうタイプ。つまり、ひとりの作家を読み始めたらずっとそればっか読んでいるという。

「『アンアン』1970」(赤木洋一、平凡社新書)
「綺堂随筆 江戸っ子の身の上」(岡本綺堂、河出文庫)
文庫と新書は電車移動中のお供として。

---
仕事もやらなくちゃなのだけど、それを言っているといつまでたってもできないので、今日は「確定申告の準備をするぞ!」と開き直る。ハリネズミの洋書、いっぱい買ったんだなあ……と領収書を眺めつつ2009年を回想。

2010年1月20日 (水)

1月20日

わあ、更新できないまま今年も早や3週間。
決してTwitterにハマっているわけでは! 決してっ!

---
さてそのTwitterのタイムライン(私が読める、いろいろな人たちの書き込み)で、楽天ブックスにもレビューがあると知る。自分の本たちを見てみると、評価をしていただいて本当にありがたく思う。モチベーション上がります。ありがたいです。

でもこれはね、私ひとりへの評価ではない。本を作るときに力を貸してくれた多くの方たちへの評価でもあるんだということ。

「こうしましょう」「こうしてはいけません」と書けるその背景には、たくさんの動物に関わってきた方たちの経験、知見がある。そして、なにより忘れてはいけないのは、そこには多くの動物たちの命があったってこと。

私の本の向こうには、幸せな動物たちと飼い主さんたちがいてくれる、と信じている。それと同時に、私の本のこっち側にいるたくさんの方たちと、たくさんの動物たちの命の存在がある。うん、そうなんだよ。

以前、獣医師の先生からいただいた年賀状に、大野さんがやっていることも命を扱うことなんだよ、と書いてあったことがある。今でも忘れられないひとこと。

あっちこっち、いろんな方を向いてありがとうと言いたい、大寒(にしては暖かい)の夜なのでした。

---
もう今年も20日たってしまった。
お仕事は、うさぎモードです。
来月からはももんがモードです。

そろそろ新刊が刊行されます。21日配本の予定だと思う。
「リスの救急箱100問100答」(誠文堂新光社)

楽天ブックスで→ここ
amazonで→ここ
セブンネットショッピングで→ここ

どうぞよろしくお願いします!
ご協力くださったたみなさま、本当にありがとうございました!

---
さて更新をさぼっていた間になにか特別なことがあったかというと別にないです。毎日、お仕事に励んでおりました。他になにしてたんだっけ。こういうときTwitterは便利かもしんない。毎日なにやってたかなんとなくわかるので。

お正月は箱根駅伝で喜んでいた。
そして大河ドラマでは「龍馬伝」が始まった。どれだけドロドロになろうとよだれをたらそうと、福山龍馬はやっぱりしゅっとしすぎ。乙女ねーさんはとってもいいと思った。

と、ここまでログを振り返ってみたがめんどくさくなった。
私のTwitterの過去ログは→ここで。もし興味があれば。

2010年1月 1日 (金)

1月1日

あけましておめでとうございます。
2010年。平成も、もう22年になるんだなあ。

---
大晦日の夜は新宿へ。
ジュンク堂のペット本コーナーで自分の本が並んでるのを見て新年へのモチベーションをあげようと思ってたのに、もう閉店してた。そうか、今日は閉店が早いのか……。

それは書店だけではなかった。行こうと思っていた蕎麦屋がもう閉まっており(まだ8時すぎなのに!)、蕎麦難民となる。歩きまわってやっと蕎麦を見つけた。大晦日は蕎麦を食べないと締まらないですからね。なんとなく。

高田馬場へ移動。初詣の時間までパブで飲む。テレビでダイナマイトやってたのでつい見てしまう。家だと格闘技はわざわざ見ることないのだけど。おお、吉田と石井だ、おじさんがんばれ、と思って見ていたら、その次の魔裟斗の引退試合は同じジャンルの競技とは思えないくらいスピードがあってすごかった。でも吉田は痛そうでかわいそうでした。その痛みは私には一生、わからないんだけど。わかりたくもないが。

穴八幡で年越し。
0時を知らせる大太鼓を打つ神職さんが注意をするほど、拝殿で写真を撮る人、多し。少ないお賽銭でゴメンナサイ、むにゃむにゃむにゃといろいろお願いごとをす。

東西線で靖国神社に移動。
屋台も多く出ているし、とてもにぎやか。若い参拝客が多い。そんななか、とんでもない着物姿のおねーちゃんを見てぶったまげる。わざと襟を思いっきり広げ、もろはだぬぎという感じ。片方の肩なんてほとんど見えてる。おまいはどこのおひきずりさんなのかと。着物を着るならちゃんと着てほしいなあ。まあ、着方も変わっていくものなんだろうけど。
ふるまい酒をいただき、屋台でカップ酒。もつ煮込みと焼きそばを食べながら。

酒の勢いで(笑)、靖国神社から神保町を経てお茶の水を通り、神田明神まで歩く。
神楽殿ではちょうど獅子舞をやっていたところ。新年早々、ええもん見られました。お参りは長蛇の列だったので諦めて、大黒様の前で茅の輪くぐりをやってきた。
神田明神といえば甘酒。あっつあつの甘酒は、すんごくうまかった。

帰宅は月食が始まるちょっと前。でも見なかった。録画した紅白を早送りしながらところどころちゃんと見つつ、また飲む。いいんだ今日はお正月だから。
永ちゃんがテロップと違う歌詞を歌っていた。途中からテロップが消えた。メガ小林幸子が怖かった。勝ったのは白組。ジャニーズの歌手が出ている限り、白組が勝つんだろうなあと思う。

---
そして今年が始まりました。
どんな年になるんだろう? どんな年にするんだろう?

・私にとって一番大切なこと。動物たちがちゃんとした飼い方で飼ってもらえるようになるため、私にできることをする。

・すでに予定の仕事がんばります。

・いっぱい企画を考える!

・「anan」の占いに出ていた、山羊座に今年必要なもの、「瞬発力」と「協調性」。特に瞬発力は、オノレに欠けているとの自覚ありありなんでがんばります。

・目指せ人文の棚! 6月12日の日記に「実用書の矜持」なんて書いてます。実際、そう単純に 人文書>実用書 とも思っていない。だって飼育エッセイじゃ動物飼えませんぜ。

でもね、年末に本棚の片付けをしているときに「そっか、この違いがあったか」という事実にぶち当たった。もう読みそうにもない実用書があったので、私は「もう使わないから捨てようかな」と思ったんである。もし人文書だったら? もう読まないかもなあと思っても、捨てようなんて思わないだろう。実用書には寿命があるんだ。書いてある内容に意味がなくなることもある。その人にとってまったくの無用の長物になるときもくる。「実用書の矜持」はもちろんこれからも持ち続けていくのだけど、寿命のない本も作ってみたいんである。

・ダイエットは引き続きがんばる! 2008年の2/20に一念発起してからもう2年。あと2キロくらい減らすと、開始時からマイナス14kgだ。こう書くとなんかすごいな。まあ、それだけ重かったってことです。

・ワールドカップが始まったら、試合をいっぱい見る!

・そして節約ケチケチ生活※に徹します(涙)
あ、でもアレだ。まだ調べてないけど年末ジャンボがさ、当たってるからケチケチしなくてもいいんだ。ひゃっほー。このまま結果を調べずに、ずっとひゃっほーしてたい。そりゃやばいだろ。
※節約はともかく、ケチケチは言葉の選択としては間違っている。節約はお金がある人もない人もやるだろうが、ケチはお金のある人がやることだ。私はケチになりたくてもケチになれないんである。あ、でもホラ、当たってるから私もケチになれるんじゃん。っていつまで言ってる。

---
このblogを見にきてくれた皆さんにも、そうでない皆さんにも、今年がいい一年になりますように。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック