« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年2月

2010年2月 7日 (日)

2月7日

いけばな 古流協会展」を見に、銀座松屋に行きました。

新卒で最初に勤めた会社の先輩社員が出品しているので、当時の同僚と一緒に。仲良しの子(←新卒での知り合いなんで、この年でもやっぱり「子」といいたくなるのさ)だったので、彼女と会うのが大きな目的だったりするんだけど。

そもそも華道についてろくな知識もなく、前に見に行ったときは、ただただ「わーきれい」というだけで終わってしまったのだが、それではもったいないと思い、ちょっとだけネットで古流について予習。

天・地・人という型について知っておいただけでもずいぶんと見る目が違った。基本的なカタチはひとつ、しかしその中で自分たちの世界を作っていくんだなと。

---
実は中学生の頃、いけばな習ってたことがあるんである。自分はやりたくなかったのに、強制的に。草月だったなあ。やりたくなかったのでなにも覚えていない。

いやー、当時はつまんなかった。
今は「やっときゃよかった」と後悔しているのだけれど、中坊のワタシには、それはそれはつまらなかったんである。

なぜ、自然のままでなく、茎をばっさり切って花のところだけを使ったりするの? 植物がかわいそう。
なぜ、本来なら一緒に咲いてるわけのないものを一緒にするの? 変なの。

ある意味、中二病。てかホントに中2くらいだったんだけど。
結局、ゴネてすぐにやめてしまいましたとさ。

---
だいたいが、習い事とか部活とか続かないタイプ。
いけばな、お習字、英語、ピアノ、新宿区少年少女合唱団。
部活は中学の軟式テニス部、高校は剣道部。
剣道部は在籍1ヶ月(笑)ひどい。

収穫といえば合唱団で習った新宿区歌「大新宿区の歌」を歌えることくらいだ。何の役にも立たない。

ピアノは大人になってからリベンジ(?)した。音大出身の知人にしばらく教わったりしてた。ショパンのノクターン第2番弾けるようになったよ。もう弾けないけど。

学生のときの競技ダンス部(当時は舞踏研究会)だけは、よくもまあ4年間、続いたもんだと自分で自分を褒めてやりたい。

---
ダイエット目標第2弾達成っ!
今度こそダイエットするぞ、と決意したのが2年前の2月。2年かかったがマイナス14kg! 9kg減ったところで5kg増えてしまい、そこからだと11ヶ月でマイナス10kg。よくがんばった!

あと3kg減らすと学生時代の体重に戻れるんである。
そこが最終目標。そこまで行ったら、ウォーキングは続けるが「夜は豆腐が主食」をやめ、それで体重が増えたとしても、その体重がベストってことにする。

もうちょっとだけがんばろうっと。

しかし14kgも減ったのに、いけばな展で2年ぶりに会った友達には「痩せた?」と言ってもらえなかった私って……。どんだけ見えないところ(ハラ、ケツ、フトモモ)が太ってたんだ、って話だ。

---
図書館で本あれこれ。

「天才 勝新太郎」(春日太一、文春新書)
「時代劇は死なず!」が面白かったのと、Twitterで水道橋博士が絶賛してたので。

「愛がなんだ」(角田光代、メディアファクトリー)
前回読んだ「森に眠る魚」はめちゃくちゃこわい話だった。「ママ」というものになる人生を選ばなかった自分に乾杯! だと思った。

「図書館に訊け!」(井上真琴、ちくま新書)
Twitterで知った本。図書館のリファレンスサービスがすごいという内容なんだろう。まだ読んでないからわからん。リファレンスサービスはほとんど利用したことないなあ。

「白川静 漢字の世界観」(松岡正剛、平凡社新書)
松岡正剛が読みたくなったので。

「優しい人になろう」(ダライ・ラマ、村田 吉廣、講談社)
ダライ・ラマが読みたくなったので。

「古本愛」(樽見博、平凡社)
これもTwitterで見かけたのだった。そういう意味では世界を広げてくれるTwitter。

「江戸の女の底力」(氏家幹人、世界文化社)
氏家さんの著書、好きなんで。

---
仕事はウサギがあと少し、そしてモモンガに本腰を入れる2月なのであった。

---
まだ2月になったばかりだなという印象ながら、もう今月もあと20日しかなかったりする。焦る。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック