日常

2010年9月28日 (火)

ザ・ダイエット08-10

2010年9月24日、947日間に渡る戦いが終わった。

ダイエットである。

2008年2月20日、「このままではいろいろやばい」と思い、一念発起して始めたダイエット、やっと最終目標体重になったんである。開始時よりマイナス17kg。すごくね? と思わず若者ふうに自分で自分を褒めたくなってしまう。17kgは5歳児の体重くらい。要するに体に張り付いていた5歳児をひとり体から剥がしたということだな。せっかくがんばったのでメモをもとに記録しておくことにします。(レコーディングダイエットとまではいかないが、体重、ざっくりと食べたもの、運動したかどうか、夜中におやつを食べたかどうかはメモをしていました)

○きっかけ
あと1kg増えるとものすごい大台に乗ってしまい、身長(166cm)と体重を並べるとますます女子プロレスラーみたいなので。
なによりぱつんぱつんのジーンズの、某所が擦り切れてきたという衝撃。

○最初の頃
簡単に記録しておいたメモを見ると、朝は普通に食べ、昼は主に納豆丼(なんで?)、そしてどうやら夜は具沢山のお味噌汁やスープ、豆乳なんかを飲んでいたみたい。風呂上りのビール的なもの(発泡酒とかサワーとか)は飲んでいて、夜中のおやつは100kcalまで。スクワットとかしてたんじゃないかな。最初の1ヶ月で4kg減った。どれだけ無駄な肉を背負っていたのか。

約1ヶ月目から踏み台昇降を取り入れる。最初の2ヶ月で、開始時よりマイナス7kg。
この頃から夕食は普通におかずを食べている(たぶん、米を食べていない)。最初の4ヶ月で、開始時よりマイナス9kg。あっという間に最終目標にあと5kgになる。なんだよ楽勝じゃん、と思っていた2008年の夏。

○長い長い停滞期
7ヶ月目に、体重が1kg増えた(開始時よりマイナス8kg)。夕食が「寒天」になる(寒天でゼリー的なものを作る)。しかし減らない。10ヶ月目にまた2kg増えた(開始時よりマイナス6kg)。1~2kgは減るものの、開始1年を前にまた増えて、開始時よりマイナス5kgまで戻ってしまう。目標まで12kg。なぜー。

この頃やっと体脂肪計付き体重計を購入。初めて測った私の体脂肪は29%♪

食生活は9ヶ月目あたりから、夜の寒天をやめる。冬の夜につめたい寒天はつらいんである。たぶん、ご飯抜きのいわゆる「炭水化物抜きダイエット」にしたと思う(朝昼は普通)。しかしだらだらと体重が減ることもなく増えるでもない毎日。

1年2ヶ月目くらいから、夜は豆腐が主食となる。冷奴(だけ)だったり、豆腐を使ったおかずだったり、なにかをおかずに豆腐をご飯代わりにしたり。体重はなんとなくちょっとずつ減っていき、1年3ヶ月には開始時よりマイナス8kgまで盛り返す。が、運動(踏み台昇降)をしない日々が続く。1年4ヶ月目で開始時よりマイナス9kg(ここでやっと約1年前に追いつく。私の1年を返せ)。

○いいペースかも、いやそうでもない
1年7ヶ月目頃から、「歩く」ことを始める。
とはいえ「さあ、ウォーキングするぞ」と張り切ると続かないし、仕事があるのにそんなことしているのもどうも気が引けるので、いつものスーパーへ行くときに遠回りすることにした。あくまでも「スーパーに行くために歩いている」ということ。これがよかった。続きました。今でも続いてます。

そのあとは1ヶ月にマイナス1kgといったペースで減少したりちょっと戻ったり。1年8ヶ月で目標第一弾(マイナス11kg)達成! ごほうびにピザをひとりで1枚。うめー。あ、もちろんMサイズですよ。そして翌日には1.7kg増えている(が翌日には1kg減る)。

2年目には開始時よりマイナス13kg。そして目標第二弾(マイナス14kg)達成! やっぱピザ食べる。ナポリの窯のチーズのピザうめえ。

このあとは増えたり減ったりの連続。1ページに20日書けるメモに体重などを記録しているのだが、1ページ(20日間)の中での変化が2~3kgあるという増減っぷり。

○もうダイエット飽きた
ダイエット開始後2年半となる2010年8月。もうダイエットするのに飽きてきた私。でも目標を達成せずに終わるのはイヤだ。最終目標まではあとマイナス5kg。もうめんどくさいから一気に減らしてしまえ、と8月1日から夜はゼロカロリーのゼリー飲料に切り替える。これがすごい。8日間でマイナス2kg、次の7日間でマイナス2kgとどんどん減っていき、「あと1kg!」までたった半月。忙しかったので、夜がゼリー飲料だけというのは時間の節約にもなってよかったです。

で、この「あと1kg」を達成するのに結局40日くらいかかり、9月24日、最終目標体重に到達したのでした。えらいぞ自分。体重を減らしたということよりも、「自分の立てた目標を達成した」ことのほうに達成感。

これからは、夕食はちゃんと食べて、歩くことは続けて、暴飲暴食はほどほどにして、まあ増えちゃうでしょうけどそれが私のベスト体重ということにしようと思っている。

○停滞した理由
「減らないなあ」という時期の生活には、たぶん減らない理由がある。
ある時期は、忙しくてちゃんとお風呂に入っていなかった(=湯船につかっていなかった)。入らなかったり、シャワーだけで済ませていてはカロリーが消費されません。
もうひとつは、ちゃんとお布団で寝るかどうか。たてこんでくると「椅子寝」「床(カーペット)寝」になり、布団で寝なかったりするんですが、そうすると体重は減りにくいです。ダイエットしたい人は、ちゃんと湯船につかって、ちゃんとお布団で寝るべきだと思います。

○続いた理由
無理してないからだと思う。外でご飯を食べるときはなんも考えずに飲み食いしていたし、禁酒もしてないし、おやつも適当に食べていたし。

ダイエットしているみなさんも、無理せず楽しくがんばってくださーい。「やだー、こないだ買ったばっかりのジーンズ、ぶかぶかになっちゃったー」と思えるこの快感。

○続く悩み
なんでふくらはぎは痩せませんか?

---
便利だなあコレ。期間(日数・逆日数・時間)計算


2010年1月24日 (日)

1月24日

今日は何の日だろうと思い、ぐぐってみたら、ジュディ・オングさんのお誕生日だった。昨年、あるところで、すぐそばで(というか隣で)ご尊顔を拝見したのだが(というか会話をした)、とてもおきれいだったのでびっくり。もう還暦、というお年とは思えなかったよ。お誕生日おめでとうございました。

そのジュディさんが帯にコメントを載せている本。こうした本には珍しく、犬と猫だけではなくウサギも登場します。(amazonにて)
永遠の贈り物―アニマル・コミュニケーションで伝える動物からの魂のメッセージ 旅立ってしまった動物に訊きたい5つのこと

---
お昼は、豚バラと里芋&ごぼうの煮物。おいしゅうございました。

---
図書館に本を返し&借りに。

まあ、あまりこういうことを言うのもどうかとも思いつつなんだが、図書館がくさくてつらい。うーん、つまり、あまりお風呂に入ってない方々、どこで寝てるんだろうというような方々がよくいらしているんである。そしてたぶん、ずーっと長い時間を館内で過ごしている。なにしろ、図書館から本を借りてくると、家の中までくさいんだよ! いわゆる「鼻についてる」ばかりじゃなく、本がにおいを吸着しているんじゃないかと思う。

今日は、1階から2階の入り口にかけてはいつのもにおいがせず、あまつさえほのかに消毒薬のにおいがしたので安心したんだが、2階に入るとやはり……。一時的に訪れるだけでもつらいものがあるのだから、司書の方たちはたいへんだなあと思う。

たしか一応入り口には、泥酔、不衛生な方お断り、なんて書いてはあったと思うが、別に入り口にいる警備員が止めるわけでもない。へたなことをすると人権屋さんが出てくることになるんだろう。館内で図書を閲覧するのは誰にでも認められていることだから。であれば、なにか客観的なもので区別(差別ではないよ!)することはできないのかな。においセンサーを置くとかさ。

え? いやなら図書館で借りないで買えばいいって? おっしゃるとーり。

---
借りてきたのはこんな本たち。
「ペットのトラブル法律相談所」(立花正人、啓林書房)
「日本の動物法」(青木人志、東大出版会)
このへんは仕事の参考に。とはいえ「日本の動物法」は読んでみたかった本。まだ1ページも読んでいないけど、日本での人と動物とのあいまいな関係って、法律と相性よくないのかもなあ。そもそもは法律で「虐待をしてはいけない!」なんて決めなくたって、そんな悪いことしたらお天道様に顔向けができないはずだったのに。

「風雪のビヴァーク」(松濤明、山と渓谷社)
「明治大正昭和不良少女伝 莫連女と少女ギャング団」(平山亜佐子、河出書房新社)
「風雪のビヴァーク」は、社会派くんがゆく!http://www.shakaihakun.com/で知る。「明治大正昭和不良少女伝 莫連女と少女ギャング団」は、Twitterで知る。ウェブと書籍は「vs」で語られることも多いように思うけど、こうして新たな本と出会わせてくれたりするから嬉しいね。

「森に眠る魚」(角田光代、双葉社)
角田光代は読んだことがなかったのですが去年からいろいろ読んでいるところ。とりあえず図書館にある角田光代を全部読む。小説に関してはこういうタイプ。つまり、ひとりの作家を読み始めたらずっとそればっか読んでいるという。

「『アンアン』1970」(赤木洋一、平凡社新書)
「綺堂随筆 江戸っ子の身の上」(岡本綺堂、河出文庫)
文庫と新書は電車移動中のお供として。

---
仕事もやらなくちゃなのだけど、それを言っているといつまでたってもできないので、今日は「確定申告の準備をするぞ!」と開き直る。ハリネズミの洋書、いっぱい買ったんだなあ……と領収書を眺めつつ2009年を回想。

2010年1月20日 (水)

1月20日

わあ、更新できないまま今年も早や3週間。
決してTwitterにハマっているわけでは! 決してっ!

---
さてそのTwitterのタイムライン(私が読める、いろいろな人たちの書き込み)で、楽天ブックスにもレビューがあると知る。自分の本たちを見てみると、評価をしていただいて本当にありがたく思う。モチベーション上がります。ありがたいです。

でもこれはね、私ひとりへの評価ではない。本を作るときに力を貸してくれた多くの方たちへの評価でもあるんだということ。

「こうしましょう」「こうしてはいけません」と書けるその背景には、たくさんの動物に関わってきた方たちの経験、知見がある。そして、なにより忘れてはいけないのは、そこには多くの動物たちの命があったってこと。

私の本の向こうには、幸せな動物たちと飼い主さんたちがいてくれる、と信じている。それと同時に、私の本のこっち側にいるたくさんの方たちと、たくさんの動物たちの命の存在がある。うん、そうなんだよ。

以前、獣医師の先生からいただいた年賀状に、大野さんがやっていることも命を扱うことなんだよ、と書いてあったことがある。今でも忘れられないひとこと。

あっちこっち、いろんな方を向いてありがとうと言いたい、大寒(にしては暖かい)の夜なのでした。

---
もう今年も20日たってしまった。
お仕事は、うさぎモードです。
来月からはももんがモードです。

そろそろ新刊が刊行されます。21日配本の予定だと思う。
「リスの救急箱100問100答」(誠文堂新光社)

楽天ブックスで→ここ
amazonで→ここ
セブンネットショッピングで→ここ

どうぞよろしくお願いします!
ご協力くださったたみなさま、本当にありがとうございました!

---
さて更新をさぼっていた間になにか特別なことがあったかというと別にないです。毎日、お仕事に励んでおりました。他になにしてたんだっけ。こういうときTwitterは便利かもしんない。毎日なにやってたかなんとなくわかるので。

お正月は箱根駅伝で喜んでいた。
そして大河ドラマでは「龍馬伝」が始まった。どれだけドロドロになろうとよだれをたらそうと、福山龍馬はやっぱりしゅっとしすぎ。乙女ねーさんはとってもいいと思った。

と、ここまでログを振り返ってみたがめんどくさくなった。
私のTwitterの過去ログは→ここで。もし興味があれば。

2010年1月 1日 (金)

1月1日

あけましておめでとうございます。
2010年。平成も、もう22年になるんだなあ。

---
大晦日の夜は新宿へ。
ジュンク堂のペット本コーナーで自分の本が並んでるのを見て新年へのモチベーションをあげようと思ってたのに、もう閉店してた。そうか、今日は閉店が早いのか……。

それは書店だけではなかった。行こうと思っていた蕎麦屋がもう閉まっており(まだ8時すぎなのに!)、蕎麦難民となる。歩きまわってやっと蕎麦を見つけた。大晦日は蕎麦を食べないと締まらないですからね。なんとなく。

高田馬場へ移動。初詣の時間までパブで飲む。テレビでダイナマイトやってたのでつい見てしまう。家だと格闘技はわざわざ見ることないのだけど。おお、吉田と石井だ、おじさんがんばれ、と思って見ていたら、その次の魔裟斗の引退試合は同じジャンルの競技とは思えないくらいスピードがあってすごかった。でも吉田は痛そうでかわいそうでした。その痛みは私には一生、わからないんだけど。わかりたくもないが。

穴八幡で年越し。
0時を知らせる大太鼓を打つ神職さんが注意をするほど、拝殿で写真を撮る人、多し。少ないお賽銭でゴメンナサイ、むにゃむにゃむにゃといろいろお願いごとをす。

東西線で靖国神社に移動。
屋台も多く出ているし、とてもにぎやか。若い参拝客が多い。そんななか、とんでもない着物姿のおねーちゃんを見てぶったまげる。わざと襟を思いっきり広げ、もろはだぬぎという感じ。片方の肩なんてほとんど見えてる。おまいはどこのおひきずりさんなのかと。着物を着るならちゃんと着てほしいなあ。まあ、着方も変わっていくものなんだろうけど。
ふるまい酒をいただき、屋台でカップ酒。もつ煮込みと焼きそばを食べながら。

酒の勢いで(笑)、靖国神社から神保町を経てお茶の水を通り、神田明神まで歩く。
神楽殿ではちょうど獅子舞をやっていたところ。新年早々、ええもん見られました。お参りは長蛇の列だったので諦めて、大黒様の前で茅の輪くぐりをやってきた。
神田明神といえば甘酒。あっつあつの甘酒は、すんごくうまかった。

帰宅は月食が始まるちょっと前。でも見なかった。録画した紅白を早送りしながらところどころちゃんと見つつ、また飲む。いいんだ今日はお正月だから。
永ちゃんがテロップと違う歌詞を歌っていた。途中からテロップが消えた。メガ小林幸子が怖かった。勝ったのは白組。ジャニーズの歌手が出ている限り、白組が勝つんだろうなあと思う。

---
そして今年が始まりました。
どんな年になるんだろう? どんな年にするんだろう?

・私にとって一番大切なこと。動物たちがちゃんとした飼い方で飼ってもらえるようになるため、私にできることをする。

・すでに予定の仕事がんばります。

・いっぱい企画を考える!

・「anan」の占いに出ていた、山羊座に今年必要なもの、「瞬発力」と「協調性」。特に瞬発力は、オノレに欠けているとの自覚ありありなんでがんばります。

・目指せ人文の棚! 6月12日の日記に「実用書の矜持」なんて書いてます。実際、そう単純に 人文書>実用書 とも思っていない。だって飼育エッセイじゃ動物飼えませんぜ。

でもね、年末に本棚の片付けをしているときに「そっか、この違いがあったか」という事実にぶち当たった。もう読みそうにもない実用書があったので、私は「もう使わないから捨てようかな」と思ったんである。もし人文書だったら? もう読まないかもなあと思っても、捨てようなんて思わないだろう。実用書には寿命があるんだ。書いてある内容に意味がなくなることもある。その人にとってまったくの無用の長物になるときもくる。「実用書の矜持」はもちろんこれからも持ち続けていくのだけど、寿命のない本も作ってみたいんである。

・ダイエットは引き続きがんばる! 2008年の2/20に一念発起してからもう2年。あと2キロくらい減らすと、開始時からマイナス14kgだ。こう書くとなんかすごいな。まあ、それだけ重かったってことです。

・ワールドカップが始まったら、試合をいっぱい見る!

・そして節約ケチケチ生活※に徹します(涙)
あ、でもアレだ。まだ調べてないけど年末ジャンボがさ、当たってるからケチケチしなくてもいいんだ。ひゃっほー。このまま結果を調べずに、ずっとひゃっほーしてたい。そりゃやばいだろ。
※節約はともかく、ケチケチは言葉の選択としては間違っている。節約はお金がある人もない人もやるだろうが、ケチはお金のある人がやることだ。私はケチになりたくてもケチになれないんである。あ、でもホラ、当たってるから私もケチになれるんじゃん。っていつまで言ってる。

---
このblogを見にきてくれた皆さんにも、そうでない皆さんにも、今年がいい一年になりますように。

2009年12月30日 (水)

12月30日/今年を振り返ってみる

暮れも押し迫ってまいりました。
そんなわけで、今年を振り返ってみる。

「アニファ」に続いて「うさぎがピョン」も休刊。
会社も無くなってしまう。
何本か連載を持っていた月刊誌の消滅は、けっこうキツいっす。
オファーお待ちしております。

「ザ・ネズミ」発刊!
江戸時代中期以来のペットネズミの飼育書である。
読売新聞夕刊のペットコーナーで紹介してもらう。

差し歯が抜けた(笑)
前歯なもんでしょうがなく、何十年ぶりで歯医者に通う。

FCバルセロナ、強すぎ。
いろんなタイトルとりまくり!

昔の知り合いががんばっていた。
中学のときのクラスメートが大学の先生、そして研究者としてたくさん本を出していたり、会社員時代の同僚(社歴は先輩)がマニアックながら大人気の雑誌の編集長をやっていたことを知る。

日食を見る。
その日、箱根山(新宿区)山頂で最初に日食を発見したのは私でした。

生太郎。
選挙のとき、応援演説で生太郎がやってきた(生太郎=生の麻生太郎)。
握手しそびれたのがとてもくやしいのであった。

「ザ・ハリネズミ」発刊!
ネズミに続き、資料が英語ばっかし!

ダイエット継続中。
2009年1/1→12/30でいえばマイナス4.2kg。
しかしながら、一時期リバウンドしてたので、今年の最重量→12/30だとマイナス8.2kgだ! よくがんばった>自分

そしてなによりみなさまのおかげ。
制作に力を貸してくださったみなさま
本を買ってくださったみなさま
本当にありがとうございました!

どうぞよいお年をお迎えください。

2009年12月29日 (火)

12月29日

いやあ、暮れも押し迫ってきました。
しあさってはただのしあさってではなく、来年だ。

---
うちから一番近い(といってもそんなに近所ではない)、肉専門店まで行ってきた。29日は「肉(29=にく)の日」でセール、そのうえこの店は年内で閉店ということで、安いんじゃないかと。結局、買ってきたのは牛バラのカタマリと豚バラ角煮用。牛バラは1kg。ここまででかいとにくにくしい。でも安い。1000円しない。オージービーフだけどね。こないだ牛バラを買ったときには大根と煮たので、今度はカレーにでもしようかなと。

---
(私にとっては)けっこうよく当たるような気がする、「anan」の占い特集。山羊座は来年、そもそも欠けている協調性と瞬発力をがんばらないといけないんだそうで。協調性はともかくとして、瞬発力ね……わかります。がんばります。

それにしても、身をもってわかってはいるが、雑誌って売れてないんだな。

占い特集の「anan」は、以前は発売したらすぐに書店の店頭からなくなっていた。でも今、何日か経ってもまだ並んでる。皆さんもっと本や雑誌を買いましょう。

---
フクロモモンガのオスっておでこに臭腺があって、そこは毛がない。

英語で「bald spot」っていうんだけど、これをPCに入っている翻訳ソフトやGoogleの翻訳ツールで訳すと「はげスポット」となる。まあたしかにそうだけど。

Google翻訳に「bald spot」と入れたままでうっかり普通の検索に戻ってしまった。検索されるのは当然、「bald spot」である。ご丁寧に画像の検索結果も出るんである。なんか、見てはいけないものを見てしまった気分になった。

2009年12月28日 (月)

12月28日

官公庁の御用納め。
もう年末だね。

こないだまで椅子寝ばっかりしていたせいで、体内カレンダーがわけわからないかんじ。今が年末だということがどうもピンとこないっす。でももうこの週末はもう来年だ。うひゃどうしよう。どうもこうもない。もう4つ寝るとお正月だ。あ、その前にひとつ年とるんだった……。

---
12/3に書いた、謎の里親募集サイトの件。
そういやどうなったんだろうと思ってアクセスしてみたら、一時停止しますとのこと。

---
そうそう、先月、江戸文化歴史検定1級を受けたんである。
自己採点でわかっていたことですが、落ちました~。くそう(点数は、惜しくもなんともない)。
さて来年の「お題」(2割分くらいが、決まったテーマから出る)は「幕末」。幕末なら間違えるわけにはいかないなあ! と張り切ってはみたが、どうなることでしょう。なかなか勉強する時間をとるのも難しいっすね。

---
今日は末広がりの「八」がつく日だし大安吉日なので、松飾りをつけました。
いいことあるかな。
ささやかな松飾りですが。

でも、どうやら大掃除をする気もなく(だからどうも今が年末だという意識がないのよ)、新年を迎えそうなので、神様に叱られそうです。神様、帰っちゃいやー!帰るなら、うちに住み着いている貧乏神も連れて帰ってください。

---
お昼は牛バラと大根を煮る。
おいしくできました。
私って実は料理の天才なんじゃないかと思う。

まあ最初からハードル低いほうなんで、なんでもおいしいんである。

---
『日本でいちばん小さな出版社』(佃由美子、晶文社)
『時代劇は死なず!』(春日太一、集英社新書)
読み終わりぬ。

『日本でいちばん小さな出版社』
たとえば日本エディタースクールのようなところで勉強をしてきたわけではない私は、出版の流れをいまいちわかってないところもある。その一方では会社員時代は経理をやっていて、本の在庫を扱うのがややこしかったことも覚えている。「ああ、あれはああいうことだったのね」ということで面白かった。しかしひとことだけ言っておきたい! 印税10%が「普通」なんてことはないと思うけど!

『時代劇は死なず!』
好きな時代劇である「新選組血風録」や「素浪人花山大吉」が登場するので嬉しかったな。「そうだったんだ…」と思ったのは勝新太郎のエピソード。座頭市の人。それと、パンツになんか隠してたり、病気の会見でタバコを吸っていたりという破天荒な面ばかり記憶にあるのだけど、「座頭市」へのこだわりというか信念のことは知りませんでした。
この本で一番驚いたのは、作者が若い人だってことです。よく取材してますねー。

amazonで
日本でいちばん小さな出版社
時代劇は死なず!

2009年12月24日 (木)

12月24日

20091224_1 20091224_2
市ヶ谷駐屯地の餅つき大会に行ってきた。
地元ご招待枠みたいなもの。実家は地元なので。
なんかあったときにやっぱ近辺は危険だし、どっかの国の精度の悪いミサイルが防衛庁を狙ったら、近辺が誤爆されちゃうかもしれないし。近所にPAC3展開されちゃったりするわけだし。

という理由かどうかは知らないけど、地元の皆さんとの親睦を、みたいなことなのでしょう。お餅やビールなどを配って回ったり、お出迎えにお見送りと、自衛官の皆さんはとても感じがよかったです。なんかあったときにはどうぞよろしく。

餅つき大会といっても、えらいさんたちが儀式的にやるだけでしたが、お餅はもちろんふるまわれましたよ、あとは食べ物いろいろと、お酒(ビール、樽酒)。ビールは、サッポロ、アサヒ、キリンと偏りなく。お雑煮も出ました。おすましで鶏肉入り。関東風ですね。市ヶ谷だからか? 地方の駐屯地の餅つき大会では地元風のお雑煮なのかな?

おひらきになったあと、売店で自衛隊グッズ(自衛隊キューピーがいっぱいあった)を見て、「三島由紀夫のあそこが見たい!」と、今は記念館になっている旧東部方面総監部を見てきた(写真)。もとあった場所からは移設したんだそうな。外観もニュース映像なんかで記憶にあるものよりきれいだ。見学ツアーに申込むと建物の中も見られるらしいです。

もひとつの写真は、箸袋の自衛隊キャラクターと、下に敷いてあるのは売店で買ったブルーインパルスのクリアファイル。

私たちが参加したのは外部の人向けのものでしたが、この日は自衛隊の皆さんも外で餅つき大会兼忘年会みたいなことをやっていた。楽しそうだったなあ。

---
スーパーで牛乳買ったら、賞味期限がもう来年だった。
来週の今日ってもう大晦日じゃん!

---
デジカメの日付がおかしくなっていたことに気づく。初期設定に戻っちゃってたみたい。いつからだったんだろう? まあ、日付を証拠にしなきゃいけないようなことで写真撮ってないからいいけども。

んでもって、たぶん購入直後以来はじめて、デジカメのメニュー画面を見る。
画質のモードにファインモードっていうのがあるのに、今までずっとノーマルモードだった。なんでだろう? もっときれいに写真撮れてたかもしれないってことじゃん。

でさっそくファインモードにしてみたら、画像1枚のサイズが1メガ以上あった。ああこれじゃあ、去年の秋まで使っていた私のWindows98ちゃんじゃあ手に余る。だからノーマルにしてたのかな。今やXPに大出世したので(…世の中はもう7の時代なんだが)、1メガぐらいの画像こわくないもんね。

---
昨日の夜、鏡を見たら、白目に赤いカタマリができていて(寝不足で充血している、というのとは違う)、びっくりした。うわあなんだ、と思いつつ、ネットでそれらしい情報を見てみたら、たいした問題でもないようだった。今日はもうほとんどなくなっている。

2009年12月22日 (火)

12月22日

冬至です。
カボチャを食べました。スーパーのお惣菜だけど。
先週は野菜室にカボチャあったんだけどな。
いま野菜室は、三浦大根祭りです。

---
大安吉日。年末ジャンボ宝くじの最終日です。
ビンボーだし、どーしよーかなーと思ったものの、買わない限り当選の可能性はゼロ、買えばわずかでも当たるかも、というわけで購入。うちの区にある、よく当たると有名な売り場まで。夕方で30人くらい並んでたかな。

これでお正月の朝までは(朝刊でチェックするまでは)、夢が見られます。

---
そんなわけで宝くじ屋さんまで歩いていたら、向こうから救急車が。交差点で右折をしようとする救急車。しかし直進するワゴンは速度を落とすこともなし。

数年前から、緊急車両が近づいてても全然気にしてない車が増えたと思う。なんだかねえ。

---
英語の資料ばっか読んでいます。
なんていうとまるで英語が読めるみたいですが、引っかかり行き止まり、あれこの単語さっきも調べたのにもう忘れちゃったよ、と電子辞書あるいはネットの辞書サイトに行き……てなわけで。
すらすら読めたらどんなに楽か!

2009年12月21日 (月)

12月21日

左側にTwitterへのリンク貼りました。

===

ここのところ毎日いいお天気。
年末らしいな。夕焼けがきれい。

今年もあと10日だもんなあ。
年賀状? 用意してない。
大掃除? しなさそうだ。
これでいいのか。

---
テレビで取り上げられていた、「10年メーカー」をやってみた。
微妙に「それアリかも」なところもあってやだなあ。

10年メーカー

---
先日買った、牛バラは、三浦大根と煮ておいしくいただきました。初日はちょっと固かったかな。翌日はとーってもうまかった。

---
クラブワールドカップ、バルサ優勝っ!

ああしかし!
後半が始まった頃に寝てしまい、気がついたときには朝だった……。バルセロニスタのくせに優勝シーンを見損ねるなんて、ばっかじゃないのか。

---
先週、チャンピオンズリーグの決勝トーナメント組み合わせが決まった。

バルセロナがシュツットガルトと対戦、マンUはミランと=欧州CL

>>シュツットガルト(ドイツ)vs.バルセロナ(スペイン)
>>オリンピアコス(ギリシャ)vs.ボルドー(フランス)
>>インテル(イタリア)vs.チェルシー(イングランド)
>>バイエルン(ドイツ)vs.フィオレンティーナ(イタリア)
>>CSKAモスクワ(ロシア)vs.セビージャ(スペイン)
>>リヨン(フランス)vs.レアル・マドリー(スペイン)
>>FCポルト(ポルトガル)vs.アーセナル(イングランド)
>>ミラン(イタリア)vs.マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)

すいません、「よしよし」と思ってしまいました。
バルサ以外でぜひ見たいのは、インテルvsチェルシー、ミランvsマンチェスターUってとこか。

---
先週の金曜は外食でした。
早稲田にあるせきはらというイタリアンのお店。

食べたものは……
生牡蠣/なんとかスズキのカルパッチョ/聖護院大根と貝柱のサラダ/生野菜にバーニャカウダがかかってるやつ/タコのトマトソース煮込み/手羽先のグリルガーリック風味/鱈とジャガイモのブランタード/ピッツアマルゲリータ(S)/チョコレートケーキ/コーヒー。
ワインは、ニュージーランドの白とスペインの赤。

おいしく食べて飲み、ごちそうさまだったのでなおうれし。

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック